斜め上の喫茶店

そもそも今日生きていることがアートそのものなのだから、自分の好きなようにアートしたら良いのだ。

忘れる技術

f:id:banmiko:20180625215921j:plain

気が付けば夏も目前。

木々の眩いばかりの緑の輝きが美しい季節ですね。

みなさま、お元気ですか?こんにちは、バンミ子です♩

 

さて、今日は忘れる技術について書いてみようと思います。

 

もう過ぎたことにグジグジ思い悩んだり、モヤモヤしたり、嫌なことを思い出してはイライラムカムカしたり、なんかスッキリしないというか、そういう時ってありますよね?

 

そういう時、皆さんはどうしてますか?

 

やけ食い?

とりあえず甘いの食べとこう!みたいな。

これ、その瞬間は良いですが、その後の体重増加を考えると諸刃の剣になりかねませんので、あまり頻回にはオススメできませんよね。

 

ここでね、ラクに生きていくためにとっても大事なことの1つ。

 

それが忘れる技術です。

 

それはもう瞬間芸とも言えます。

これができるようなると、人生ほんとうに身軽になりますよ。

 

モヤっとした感情が出てきたらね、サクっと忘れちゃうんです。

嫌なこと、考えてもしょうがないことはもう考えない。

頭の片隅に追いやって、どんどん追いやって、忘れてしまいましょう。

 

そんなことどうやって出来るか?

 

出来るんですよ。

誰にでも出来ます。

 

まずは、自分が集中できることを見つけましょう。

なんでもいいんです。

 

編みものでも、料理でも、お菓子作りでも、日曜大工でも、お笑いでも、読書でも。

とにかく、好きなこと。そう、自分が好きなこと、やってて楽しいことを見つけましょう。

 

バンミ子がよくするのは、モヤっとしたら音楽です。

バンミ子にとっては音楽様様ですよ。

特に有効なのは楽器演奏ですね。

 

音1つ1つに完全に集中する状態に入れば、モヤっとしたことなんて頭から消えます。

存在し得なくなるんです。脳は同時に2つのことに集中することは出来ませんからね。

 

バンミ子、いま楽器演奏が楽しくててですね、ピアノ、三味線、ギター、クラリネット、パーカッション、はたまた歌うこと、これらの上達が日々の目標にもなっているので、ぼーっと瞑想する時間はあっても、モヤっとしている暇などないのですよ。

 

そう、モヤっとしている暇などないのです。

だって、1日24時間しかないんですよ?

 

家事もあるし、育児もあるし、予定もあるしで、その中で趣味の楽器演奏や絵を描くことや文章を書くための時間を十分に確保するっていうのは結構大変なわけですよね。

 

好きなことや、やらねばならないルーチン作業以外に、このバンミ子の貴重な時間を1秒たりとも使いたくない。そう思うのです。

 

どう生きたいのか。

いま、自分はこの瞬間どう時間を使いたいのか。

それを何よりも優先することです。

 

モヤモヤ、イライラ、ムカムカなんかよりも好きなことに時間を投資すべきなのです。

 

忘れる技術。

 

これはそのまま何事にも執着せずに自分らしくアートに生きる技術と言ってもよいのではないでしょうか。

 

レッツモヤモヤ瞬間忘却で毎日自分の心が喜ぶ生き方をしましょう♪

 

今日も楽しい一日をお過ごしください。

 

バンミ子