斜め上の喫茶店

そもそも今日生きていることがアートそのものなのだから、自分の好きなようにアートしたら良いのだ。

恥ずかしいって何?

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 

 

今朝も早くに起きて、瞑想音楽聴きながらコーヒー飲んでキットカット食べつつ軽く瞑想、ほんとこれ最高ですよ!なバンミ子です、こんにちは♪

 

よく、「みんな見てるよ、恥ずかしい」とか「恥ずかしいから一緒に居たくない」とか「恥ずかしいよ、やめなよ」とか聞きますけど、この『恥ずかしい』って一体なんなんでしょうね?それどこ出身?笑

 

辞書でも見てみましょう。

www.weblio.jp

 

恥ずかしいという感情、つまり羞恥心。

Wikipediaで羞恥心を見てみましょう。

羞恥心 - Wikipedia

恥じらい、あるいは羞恥心というのは、恥ずかしいと感じる気持ちのことである。つまり恥を感じている気持ちのことである。

羞恥心とは、自我自尊心の延長にある概念である[要出典][誰?]。「となる行動をしてしまった」と感じる感情である。この感情は、社会規範への適応といった行動を促すが、その一方で過度に感じる場合には、行動の萎縮などといった問題を生む[要出典]

罪悪感ないし羞恥心を測定する TOSCA-A の項目 "shame" によると、羞恥心は以下のとおり4つの下位尺度に分類される[要出典]

  • 自己の存在が取るに足らない物と感じ、自己を否定したいと思う「全体的自己非難」
  • 恥を感じる状況から逃げたい、もしくは恥を感じた記憶を消したいと思う「回避・隠蔽反応」
  • 自分が周囲から孤立したと感じる「孤立感」
  • 人に見られている、人に笑われていると思う「被笑感」

羞恥心はしばしば罪悪感と比較される感情である。羞恥心を感じやすい人は、罪悪感を持ちやすい人より攻撃的で、反社会的であるとする研究[要出典]もある。羞恥心は、外部への帰属、他者への強い焦点、復讐といった感情や行動を発生させる屈辱感を伴い易いからである。

 

まぁ、とにかく羞恥心って、他者の存在があって初めて出てくる感情ということですね。比較する対象があるから出てくる感情。

 

集団の中での自己にものすごく焦点を当てた状態とも言えます。

  • みんなと同じじゃないと笑われる
  • 仲間外れにされるかもしれない
  • ダメな人間だと思われるかもしれない

という恐れの感情でもあるし、

 

  • 自分の弱いところがバレてしまうのが耐えられない
  • 格下に見られるのがイヤだ
  • 完璧な私でいたい

という自己防御的な感情でもありますね。

 

これ、ついつい育児中もやりがちですよね。

「ほらほら、みんな見てるよ、恥ずかしいよー」って子供に羞恥心を植え付けてコントロールしやすいように調教する、みたいな。

そう、これ躾というより調教に近いですよね。

躾と称して、恐れや羞恥心、罪悪感を利用しているわけですから。

 

恥ずかしいからこうしなさい、というのは相手を思ってのことじゃなくて、自分を守るために相手に「こうしなさい」と強要しているようなもの。

心配からくる言動にも似てますね。

 

そもそも。

そもそもですよ。

 

恥ずかしいって、何で?

なんで恥ずかしいの?

 

恥ずかしくないよ!

ぜんぜん恥ずかしくないよ!!

そのままのアナタでいいじゃない!

 

変とか間違ってるとか、それは単なるその人の主観に過ぎないわけで。

主観なんて10人いたら10通りですよ!

 

笑う人がいるなら笑わせておけばいいじゃない。

笑うのも怒るのもその人の自由です。課題の分離。

てへ?笑われちゃった!キャハ!って舌出しときゃいいんです。

 

恥ずかしい、と思うのも自分の選択です。

恥ずかしくない、と思う選択も出来るのですから。

自由。

自由ですよ!

 

バンミ子は恥ずかしくないですよ。

バンミ子は、その日に着る服は子供達に選ばせているのですが、子供達がどうコーディネートしようと何も言いません。彼らが自分で選んだ色彩感覚豊かなwコーディネート。いいじゃない!彼らが自らの意志で選んだ服です。どんな格好でもいい。

ついでに夫のバミ男もバンミ子とは相当異なる色彩感覚を持っていますが、全然気になりません。ワーオ!今日も眩しいね!とは思いますが、そのまま外出します(笑)。

 

バンミ子も、もう人の視線も評価も正直どーでもいいという妖怪レベルに達しつつあるので、羞恥心という感情自体、もう久しく持ったことがありません。

 

羞恥心がないって、自由でいいですよ。笑

オススメです♪

 

あ、それとね、恥ずかしいって思うのは、自分も他人を「うわー、あの人あんなことして恥ずかしいー」とかジャッジしてるからですからね!お忘れなく。

なので、羞恥心を克服するには、まずはあなたが他人をジャッジすることをやめる、これしかありません。

 

さぁさぁ、そろそろ自由になりましょうよ。

レッツ羞恥心さよーならー!

 

今日もアートな1日をお過ごしください♪

 

バンミ子

好きなことが得意なこととは限らない。得意じゃなくてもいいじゃない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 

こんにちは、今日も淡々と雑草抜きの日課をこなしつつ大好きなキットカットを食べて軽く瞑想、これ最高!最高だよ!なバンミ子です♪

 

みなさん、今日もアートしてますかー!

 

さてさて、皆さん、毎日好きなことをしていますか?

 

やらなきゃいけないことが多すぎて好きなことをする時間なんてないよ!

好きなことばかりやってたら生活できないじゃん!

好きなことやりたいけど、才能ないし。

好きな仕事に転職したいけど能力見合ってないし。

 

とかね。

好きなことをやらない理由って色々出てきますよね、わかります。

 

ついつい、優先順位が やらねばならない義務的なこと 〉〉〉好きなこと になりがちですよね。

 

好きじゃないことをするときって「あれやらなきゃ!これやらなきゃ!」系の『〜しなければならない』になってしまっているんですよね。気がついていましたか?

 

だからね、『〜しなければならない』思考になっていることに気がついた時は、一旦立ち止まりましょうね。

 

でね、自分に問いましょう。

 

『それ、本当に絶対にしなければいけないことなの?それしないからって、どうなるの?』ってね。

 

結構、どーでもいいちっちゃいことにこだわってる自分を見つけられますよ。

ちっちゃ!ちっちゃいな、自分!!みたいな。笑

 

なんで、好きじゃないことを『しなきゃいけない』と思い込んでるんでしょう?

なんで?

 

あれ?なんでだろ?

 

世間の目?

社会的な義務?

 

ここでも、やっぱり自分を苦しめているのは他人からの視線や評価のような気がしますね。

 

でも、実は他人の視線でも評価でもなくて、実際には自分が自分に制限かけてるだけなんですよね。

 

あれやってみたいけど、自分にはできそうもないし。

本当はあれをやりたいけど、下手だから笑われるの恥ずかしいし。

本当はあの仕事をやってみたいけど学歴も能力も足りないし。

本当はもっとハジけた格好がしたいけど、いい妻いい母らしくないと言われるの怖いから大人しい格好してるの。

本当は海外に行きたいけど、お金も時間もないし。

 

とかね、もうね、キリがないですよね。

延々とやらない言い訳が出てきちゃいますよね!!わかります、わかります。

 

そもそも、好きなことや挑戦してみたいことが得意なこととは限らないですよね。

 

でもね、

で?だから何?だから何なのよ?ってな話なわけですよ。

 

得意じゃないといけないの?

そんなルール誰が決めたのよ?

 

っていうか、得意じゃなくてもいいじゃない

好きなら、自分が楽しくて夢中になれるものならやりましょうよ。

それこそが自分の人生に対する義務というもの。自分の人生を生きるということです。

 

だれが何と言おうがカンケーないですよ。

カンケーない。カンケーない。

 

だれもアナタの人生を代わって生きることは出来ないのですから。

 

っていうか、だれがアナタを楽しませられるというの?

だれがアナタの人生を充実させてくれるっていうの?

 

アナタでしょ。笑

 

アナタしかいないでしょ

 

自分が心から楽しめること、ワクワクすること、夢中になれることをしましょう。

ちょっとずつでいいんです。

 

ちょっとずつ、毎日ちょっとずつ。

 

歌が下手クソだけど大好きなら毎日ご機嫌に歌ってたらいいじゃない。

編み物が好きなら別に商売にしようとか考えずに毎日ご機嫌に編んでいたらいいじゃない。

書くことが下手だけど三度の飯より好きなんだよねー!っていうなら書き続けたらいいじゃない。

 

得意じゃなくてもいいじゃない

 

それに才能があるとか能力があるとか、そういう評価って誰の評価なの?

大体、好きなことするのに人と比べるという思考がナンセンスでしょ。

 

自分が喜ぶからする

自分がそう生きたいからする。

それでいいじゃない。

 

そして、そうやって好きなことを続けていくと、不思議なもので自ずと結果も付いてくるんですよね。人生ってそういう風に出来てます。

 

楽しいこと、好きなことをするのに努力はいらない。

だって楽しいんだから

 

なんか辛いけど、苦しいけど、きっとこの先には成功が待ってるから頑張る!!みたいな努力をしている時は、一度自分の内側ときっちり対話した方がいいでしょうね。

 

それ、本当にアナタの願望なの?

他者の目から見た理想のアナタを追っていない?って自分に問いましょう。

 

自分ときっちり向き合えば、自ずと答えは見つかるはずです。

 

レッツエンジョイ自分の人生!

 

今日もアートな1日をお過ごしください♪

 

バンミ子

生きる意味

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 

そこに在る。

 

それが全て。

それが全てです。

 

理由などいらない。

 

そこに在る

 

それだけで完全に美しいのだから。

 

生きる意味も目的も理由も、全ては『そこに在る』。

それが全て。

 

あなたはあなたのままで、そのままのあなたでいいのです。

 

あなたはそこに存在している。

 

それだけでいいのです。

 

今、呼吸しているあなたという存在がそこに在る。

 

それだけですでに完全なる愛の存在なのですから。

 

あなたはあなたらしく自由に生きていい。

自分で囲ってしまったその箱から飛び出して、空を飛ぶ鳥のように、海を泳ぐ魚のように、思いのままに幸せになっていいのです。

 

今日もアートな1日をお過ごしください♪

 

バンミ子

いい気分でいる方法

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 

 こんにちは、バンミ子です♪

 

さて、皆さん、今朝はどんな気分で起きましたか?

 

過去の嫌なことを引きずっていたり、まだ起きてもいない嫌なことを想像して心配したり不安になったりしていませんか?

 

こういう嫌〜な気分って、意識しないと勝手に次から次へと湧いてきてしまいます。

対処の方法を知らないと、嫌な感情がじわじわと脳内に広がっていって、気がついたら年がら年中ネガティブなことが頭から離れず、考えたくもないのに嫌なことばかり思い出したり想像したり。

 

苦しいですよね。

 

どうしていいのかわからないし、もういっそのこと記憶喪失になりたい!なんて思ってしまいますね。

 

グルグルグルグル回る嫌な思考。

どうやっても頭から離れてくれない。

 

さて、どうしたら良いでしょう。

 

バンミ子が長年のネガティブ経験(笑)を通して編み出した『いい気分でいる方法』をお伝えしますよ。あくまで個人的な方法ですが、ネガティブ思考で困っている方がいたらぜひ一度お試しください。

 

  • 嫌な気分、嫌な感情、嫌な記憶、嫌な想像が頭をよぎったら、すぐに「妄想!これは自分の妄想!」と自分に言う
  • 例えば他人の言動に関してモヤモヤしていることがある場合は、すぐに「ほらほら、それはアナタの課題じゃないよ。あの人が何をするか何を思うか何を選択するかはあの人の課題であってアナタの問題じゃない。あの人の言動に関しては全部、本人に任せましょう」と自分に言う
  • モヤっとしたら、すぐに「あ、この感情は私の人生には必要ないわ。いらん!ぽい!」と頭の中でゴミ箱に入れてしまう
  • 妄想が始まったら、すぐに「今」「目の前の景色、空気、呼吸」に集中する
  • 「私もまだまだよのう〜。いいの、いいの、気がついただけ偉いぞ、自分♪」と自分を褒める
  • 「まだ妄想するか!」と自分で自分にツッコむ。
  • 笑う

 

こんなの楽しくない!と思うなら、嫌な感情とはサヨナラすることです。

 

そして、自分に問うことです。

 

どうしてそのことに執着してるの、自分?

って。

 

いつでも答えは自分の中にあります。

そして自分の目の前に現れている世界は、自分の思考が生み出した世界です。

 

悩んでいる自分を生み出しているのも自分、困っている自分を生み出しているのも自分です。

 

1つ1つのネガティブな感情としっかり向き合っていくと、自分がどうしてそれに執着しているか答えが見えてきます。そして、そこに気がついた瞬間から、その悩みからは解放されるでしょう。気がつくことで感情は解放されるのです。

 

人生はアートそのもの。

自分の思考は自分で選択できるものです。

 

今日という真っ白のキャンバスに何を描くかは自分で選べるのです。

 

今日もアートな1日をお過ごしください♪

 

バンミ子

 

うまくいかないなら逆のことをすればいい

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 

 

こんにちは、バンミ子です♪

今日は秋晴れというか、ここ最近雨続きだったので久々に綺麗な青空を見られて気分がいいです。やっぱりなにげにお天気って重要ですよね。

 

さてさて、誰でも一度はなにをやっても上手くいかない時期、スランプのような時期を経験したことがあるのではないでしょうか。

 

こんなに頑張ってるのに認められない!

こんなに頑張ってるのに結果が出ない!

いい女、いい男目指して日々自分磨きしてるのに全然モテやしない!

 

とか(笑)。

 

まぁ、いろいろありますよね。

 

自分ではめちゃくちゃ頑張ってるんですよね。

でも空回りしてるような感じ。

 

なんていうか、そういう状態はとっても辛いですよね。

楽しくないですね。

 

そう、楽しくない

楽しくないですよね?

 

それ。それですよ。

原因はそれです

 

楽しくないことを一生懸命やっている、つまり本当のあなたは心の奥底で違うことを望んでいるのに、方向違いのことに一生懸命努力している、ということです。

 

本来のありのままの自分を出せていないから楽しくない。

むしろ、毎日ビクビクいつ本来のダメな自分がバレちゃうんじゃないかと警戒している。

 

おしゃれに見られたいからおしゃれする。

モテたいから雑誌で見たモテ服を着る。

できる男、できる女に見られたいから、高級な服でバシっと決める。

細い方が綺麗と褒められるからダイエットする。

完璧な母、妻と言われたいから毎日手抜きしないで頑張る。

毎日キラキラ素敵な仲間と素敵な空間で素敵な人生を歩んでいると思われたいからSNSに素敵フォト満載でアピールしている。

 

こういうの、全部、承認欲求ですね。

 

楽しくないですよ。

承認欲求からの行動は自分も他人も楽しませることが出来ません。

 

なぜなら、誰もそんなこと望んじゃいないから

 

では、どうしたらいいのでしょう。

 

うまくいかないなら逆のことをすればいいのです

頑張るのをやめたらいいのです

ありのままのアナタ本来の姿でいればいいのです

他人の目を気にせず(これはほぼ勘違いですから)、自分らしく振舞っていればいいのです

 

別に誰におしゃれと言われなくたっていいじゃない。

自分で居心地が良くて自分が気分がよくなる服を着てたらいい。

 

モテなくたっていいじゃない。

気取ってみたってどうせいつかボロが出るんだからありのままのアナタでいたらいい。

というか、ありのままのあなたの方がモテるでしょう。

気取らずに自然なあなた本来の姿でいたらモテますよ。断言します。

 

できる男、できる女に見られようとしなくたっていいじゃない。

本当に出来る人は服装じゃなくて、オーラでわかります。Tシャツにジーンズだって自信のある人はオーラでわかります。だから、大事なのは内面。内面が変わればオーラが変わります。

 

誰かに褒められようと頑張らなくていいじゃない。

自分が本当に求めているのは、自分が自分のことを大好きでいる、本当はそれだけじゃないでしょうか。自分で自分を認めてあげたらいいんです。自分のことを認めてあげたら、自分が喜ぶでしょ。他人を喜ばせるために生きてるわけじゃないんだから、そのままのあなたでいたらいい。

 

嫌われたっていいじゃない。

100人いたら20人くらいは合わない人がいたっておかしくありません。

合わない人がいるのは当たり前。全員に好かれてる人なんてこの宇宙に存在しません。

人間には僻みや妬みの感情もあります。ネガティブな感情をどう処理するかは、その人の課題であってあなたの課題ではない。だから、嫌われることを恐れなくたっていいんです。そのままのあなたでいいんです。

 

なんかうまくいかないな、と思ったら、それは「一度立ち止まりなさい」の合図です。

本来の自分が望んでいることをやっていないのでは?と一度立ち止まりましょう。

あれ?なにを本当は望んでるの、自分?って自分に問いましょう。

 

いつでも答えは外ではなくて自分の中にあります。

 

大丈夫。

大丈夫なように出来ているから大丈夫です。

 

今日もアートな1日をお過ごしください♪

 

バンミ子

 

人にバカにされない方法

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 

バカにされるのはイヤ!

バカにされないように強く見せなきゃ!

バカにされないように頑張る!

 

バカにされない方法ってご存知ですか?

 

ものすごく簡単ですよ!

 

簡単すぎます!

 

 

人にバカにされたくないなら、あなたが人をバカにするのを止めれば良いのです。

 

もう一度言います。

 

人にバカにされたくないなら、あなたが人をバカにするのを止めれば良いのです。

 

ね、簡単でしょ?ふふ。

 

そもそも。

そもそもですよ。

 

人にバカにされてるっていうその自意識が、ただの思い込みかもしれない。

なんで?そう思うの?

なんで他人の視線がそんなに気になるの?

 

ね?

 

答えはいつもシンプルです。

 

自分が他人をそのような視線で見ているから、ですね。

だから自分も他人からそう見られてる!そう思われている!と被害者的に考えちゃうんですよね。

 

目の前に現れている自分の世界は全て自分の心を反映した鏡の世界。

 

内面世界で自分が何を考えるか、どんな言葉を使っているかで自分の外の世界ができているのです。つまり、人によって見えてる世界、住んでる世界、感じてる世界が全く異なるということですね。深いですね〜。深いけど限りなくシンプルにできています。

 

目の前に現れた物事や人は、自分が何者であるかということを見せてくれている鏡。

 

さぁ、今日はどんな1日にしたいですか?

 

今日もあなたのあなたによるあなただけのアートな世界をお楽しみください。

 

バンミ子

あなたのその空間はあなたの心の表れです。潜在意識で理想の空間に近づけるよ、という話。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 

外は雨、もう夏も終わりですね、皆様いかがお過ごしですか?ヨーロッパのヒキコモーゼで地球から足が浮きつつあるバンミ子です、こんにちは!え?w

 

よく、中学校の頃なんか、学校の先生が言いませんでした?

 

「服装の乱れは心の乱れ」

 

って。

 

あぁ、ありましたね〜。

うっさいわ、このセンコー!などと口答えなど考えもしなかった、うら若きあの頃が懐かしい。

 

確かに服装の乱れは心からの何かのサインでしょう。

反抗心かもしれないし、目立ちたいってことかもしれないし、モテたいってことかもしれないし、まぁ、理由は色々あると思いますが、基本的に、他人へのアピールであり他人からの承認を求めてのことでしょうね。

 

なので、自分で自分を認めてあげられるようになると、そういう他人からの承認を求める必要が全くなくなるので、自分らしい自分に似合った服装にいつか戻って行くのではないかなと思います。

 

さてさて、服装のことはここまでにして、今日は空間の話をしたいと思います。

 

自分を取り巻く空間。

家の中、車の中、オフィス、机周り、トイレやキッチンなんかの水回り、庭、玄関、さらには引き出しの中やタンスの中、収納。

そういうの全部含めて、さぁ、自分の周りを見回してみましょう。

 

どうですか?

居心地の良い空間になっていますか?

 

うわ!見なかったことにしよう!

みたいになってる場所はないですか?笑

 

あなたのその空間はあなたの心の表れです。

 

あなたが自分で自分自身に「私にはこれくらいが相応しい」と思っている、まさにそのイメージそのものがあなたの目の前の空間に表れています。

 

無駄なモノで溢れている?

もう何年も使っていない服や雑貨や本やガラクタが埋もれている?

どこもかしこも埃だらけ?

窓は汚れで曇ってる?

 

潜在意識の働きで、人は自動的に自分の価値に見合った空間の中で生活したい、しようとするものです。

 

なので、もし今のあなたの空間を理想の空間に近づけたいと思うのなら、潜在意識に働きかければ良いのです。

 

どんな空間で過ごしたいですか?

理想の空間で自分が何をしているか、しっかりはっきりと心にイメージしてください。

 

すっきりと片付いた空間?

美しい家具?

観葉植物が効果的に配置されている癒しの空間?

どんな音楽が流れていますか?

どんなカップでどんなお茶を飲みますか?

引き出しの中はどうですか?

積み込まれずすっきり整然と並べられていますか?

トイレのドアを開けた時の空気はどうですか?爽やかな空間ですか?

理想の空間での今のあなたの気分はどうですか?ワクワクしますか?

 

心にしっかりとイメージすることです。

なんどもなんども。

そしてそのイメージを持って生活してみましょう。

 

理想の空間が潜在意識のコンフォートゾーンになってしまえばこっちのものです。

物で溢れた雑然とした空間が居心地が悪くなっていきますので、自然と、そう自然と、無理をしなくても徐々に理想の形に近づいて行くでしょう。

 

理想の空間を手に入れたいなら、まずは心に鮮明にイメージすること。

今目の前の空間はあなたの潜在意識があなたに相応しいと思っているから目の前に存在しています。それを変えたいのなら、自分の理想とする空間に潜在意識を書き換えてしまうことです

 

ちょっとずつちょっとずつ。

大丈夫、出来ます。

とにかく鮮明なイメージを持つことです。

 

レッツ潜在意識で理想の空間づくり!

 

今日もアートな1日をお過ごしください♪

 

バンミ子

心の10分エクササイズ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 

 

今日はもうゆっくりとお茶を飲みましたか?

 

熱々のお茶を淹れて、ゆっくりと寛いで座りましょう。

背筋は伸ばして、寄りかからない方が良いでしょう。

 

目を瞑ってお茶の香りを楽しんでください。

 

一口、ゆっくりとお茶を飲んでみます。

目を瞑ったまま。

 

温かいお茶が喉を通って体全体に行き渡る感覚を楽しみましょう。

 

そしてまた一口。

 

至高なるひとときを楽しんでください。

 

お茶と空間と時間と自分の存在が一体になる瞬間を楽しみましょう。

 

心の10分エクササイズ。

 

ほんの10分、されど10分。

 

今日も穏やかで寛いだ素敵な1日をお過ごしください♪

 

バンミ子

今日だけは全ての心配や恐れから解放されて自由になってみる

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 

 

淡々と、そう淡々と。

 

今を生きればよいのです。

 

脳内に次々と浮かんでくる心配や不安や恐れ、過去の嫌な記憶に将来の不安な映像。

 

そういうのを今は全部、そう全部、放っておきましょう。

今、この瞬間のあなたという人生を生きてください。

 

過去でも未来でもない、この今という瞬間を。

あなたの、あなただけのこの瞬間を生きてください。

 

解放されていいんです。

自由になっていいんです。

自分で自分に幸せになる許可を出していいんです。

 

ずっと、ずっと待っているんです。

本当のあなたが。潜在意識のあなたが。

許可が出るのを待っているんです。

 

怖くてできない?

心配するのをやめるのが怖い?

恐れを手放すことが怖い?

それはどうして?

 

心配するのをやめた時にあなたはどうなることを心配しているの?心配するのをやめた時になにがだれが困ると思っているの?

 

本当は心配も不安も恐れも実体のないものです。

心に浮かんでくる過去や未来の嫌な映像は自分の心が作った幻であって現実ではない。

 

実体などない。

 

実体などないのです。

 

そう、全て幻です。

夢と同じ。

 

全ては幻

 

騙されたと思って、一度試してみてください。

 

今日だけは全ての心配や恐れから解放されて自由になってみ、ということを。そして、そうすることによって何が起きるのか、何か恐ろしいことが起きるのか、それとも何も起きないのか、自分で確認してみましょう。

 

やってみたらわかります。

少しずつでいいのです。

少しずつ、少しずつ、自分で自分の心を解放していきましょう。

 

本当に変えたいと思うのなら変えられます。

いつからでも。この瞬間からでも。

 

あなたの今を変えられるのはあなただけ。

あなたの人生を生きるのは他の誰でもなく、あなたです。

 

人生はアートそのもの。

一瞬一瞬の自分の選択で次の瞬間の見えている世界が変わります。

 

今日もアートな1日をお過ごしください♪

 

バンミ子

 

他人の期待は他人のものであってアナタとは関係のないもの。そしてあなたの期待もあなただけのものであって相手には関係のないもの。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 

 

さぁさぁ、ここでもアドラー心理学の課題の分離の登場ですね。

 

他人に気を使って疲れてしまう?

なんで気を使っているの?

なんで我慢してまで付き合ってるの?

というか、その気遣いは誰のためなの?

 

他人の期待に応えるために、本当は嫌だけどやりたくないけどいつも結局相手に合わせてしまって疲れてしまう?

どうして嫌なのに嫌だと言えないの?

というか相手に合わせてるのは一体誰のためなの?

 

結局ね、こうしたら相手は喜ぶだろうな、こうしたら相手は悲しむだろうな、きっと相手は私にこう期待してるんだろうな、っていう良かれと思ってのそういう気遣いっていうのはね、ほぼ、ほぼですよ、98%くらい(笑)自分の勝手な思い込みですよ。

 

勝手に思い込んで勝手に期待に応えようとして勝手に疲れてる。

あなたが気を使うから、あなたが心を開かないから、相手もあなたに気を使うし心を開かない。シンプルですね。

 

本当はあなたはあなたのままでいいのに。

ありのままのあなたの方が好かれるのに。

 

 

実は、他人の期待と思ってるその重い期待は、自分が他人に求めてる期待なのです。恐ろしいですね〜(笑)。

 

自分ならこうされたらこう思うから相手もこう思ってるはずだ!!っていうのは観念、そう自分の勝手な思い込みです。

 

他人の期待は他人のものであってアナタとは関係のないもの。

そしてあなたの期待もあなただけのものであって相手には関係のないもの。

 

自分の期待が裏切られて傷つくのは自分に自信がないから。

心の奥底で相手を自分の思い通りにコントロールしたいという自分がいるから。

 

自由に生きたいなら、他人目線で生きないことです。

自分の勝手な思い込みで他人目線を作り出さないことです。

 

他人に認められたい弱い自分がいる。

そのことを認めて、自分で自分のことを愛し許すことができれば他人のことも愛し許せるようになります。そして、他人の期待=自分の期待であったのだと気がつけば、あなたはもう自由です。

 

嫌われたくない、良い人だと思われたい、良い母と思われたい、良い妻と思われたい、良い嫁と思われたい、それらの他人の期待だと思い込んでいた自分の期待から解放された時、あなたはあなたらしく自由に生きることができるようになるのです。

 

 

バンミ子

 

あなたは心のストッパーを外して自由になっていい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 

 

現在日本に滞在中のバンミ子です、こんにちは。

みなさま、どんな夏をお過ごしですか?

 

さてさてみなさん、心のストッパーってご存知ですか?

 

あれをやってみたいけど、どうせ私には無理だから。

これくらいが私にはちょうどいい。

おしゃれしたって意味がない。太ってるし。可愛くないし。

それ変、とか、似合ってないよ、とか否定的なこと言われるの怖いし。

こんな高級な場所、私には似合わない。

素敵な人たちと私では釣り合ってない。

 

とか、そういうやつですね。

 

で。

なんで?

なんでそう思うの?

 

誰がそんなこと言ったの?

ん?

 

そう、これって全部、そう全部!!自分で自分に言ってるんですよね。

自分で自分の心にストッパーをかけて行動を制限しているのは、何を隠そう自分自身に他なりません。

 

でも、だって、家族がそう言ったよ?

友達がそう言ったよ?

同僚がそう言ったよ?

 

いえいえ、他人がアナタに何を言おうがそんなことはどうだっていいんです。

そんなことはどうだっていいんです!

 

問題なのは、他人に言われたにせよ、自分で自分に言っているにせよ、それを自分で受け入れてしまっているということです。

 

心のストッパーって、恐ろしいですよ。

無意識に自分の行動や可能性を制限してるんですから。

 

無意識だから、何に縛り付けられてるとか考えもしないんですよね。

行動に移そうとするとなんで恐怖で動けなくなるんだろう?とか考えもしないんですよね。

 

なんで?

なんで?

 

それが心のストッパーです。

 

自分で自分に制限をかけてしまっている。

そして、自分で自分を苦しめている。

自分で自分の作った制限にがんじがらめに縛り付けられて身動きが取れなくなってしまっているのです。

 

だからね、外しちゃえばいいんですよ。

そんなストッパー。いらないでしょ?

 

あなたはあなたの思う美しい人になったらいいんです。

綺麗になっていいんです。

美しく着飾っていいんです。

あなたが気分が良くなるような素敵な服を着ていいんです。

メイクもネイルもヘアスタイルも、こんなに張り切って恥ずかしいかな?周りの人は何て言うかな?否定されたらどうしよう?とか思う必要はないんです。

好きにしていいんです。

 

あなたは幸せになっていいんです。

あなたは毎日笑ってていいんです。

あなたはあなたのままでいいんです!

制限をかける必要はないんです。

 

気後れや自信のなさや恐怖感。

それらは思い込みです。

 

そう、本当はそんなの存在しないんです。

他人の視線も否定的な言葉も、あなたの価値を貶める力はないんですよ。

あなたが心に受け入れさえしなければ

 

あなたはあなたのままでいい。

自由に泳いでいい。

幸せになっていい。

 

自分に許可を出してあげると、他人にも同じように許可を出せるようになります。

 

他人からジャッジされてるようで窮屈に感じるのは、アナタが他人をそのようにジャッジしているから、他人もアナタをジャッジしているに違いないと思うのですよね。

 

心のストッパー→他人をジャッジ→自分で自分にジャッジ→がんじがらめ

 

ということですね。

 

なので、まずは自分で自分に幸せになる許可を出すこと。

そして心のストッパーを少しずつ外していくこと。

そうすると、これまで気になって気になって仕方がなかった他人の言動も気にならなくなっていきます。

 

自分の心を自由にしてあげましょう。

 

あなたは幸せになるために生まれてきたし、あの人もその人もあなたと同じように幸せになるために生まれてきた。みんな幸せになっていい。

 

ね?

 

今日もアートな1日をお過ごしください♪

 

バンミ子

 

重い女 心配する女

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 

重い女になっていませんか?

 

重い女友達、重い彼女、重い妻、重い母親、重い姑。

 

重い。

重い。

 

良かれと思って、心配して、喜ぶと思って?

 

頼まれもしないのに手出し口出しちゃったり。

 

勝手に掃除する、料理する、片付ける、捨てる、先回りして準備する、聞かれてもいないのにアドバイスする、こういうのを相手の領域に土足で踏み込む行為、つまり干渉と言うのよね。本人は干渉してるつもりは全くなくて、むしろ相手のためになってると本気で信じてるから面倒臭いことこの上ないっていうね。で、それやめてって言うと「悲しい」とか言い出してこっちに罪悪感植え付けようとするから本当に面倒臭い。

 

それ。

それが重いのですよ。

 

自分と向き合うことをしないで「アナタのことが心配なのよ」と相手に自分の心配や不安を垂れ流すけど、言われる方は「こちらは困ってませんので、どうそご心配なく」なわけで、で、あなたは一体なにが心配なの

 

相手を心配しているのではなく、自分の心配をしてるんだよね?

こうなったら自分が困る、こうなったら自分が悲しい、こうなったら自分が損する、こうなったら自分が面白くない。

 

相手は困ってないよ。

困ってるとしたら、あなたのその重い態度に困ってるんだよ

 

心配心配って言う人はね、実は自分のことしか考えていないんです。

心配という呪いで罪悪感を植えつけて相手を支配してコントロールしたいんですよね。

 

子供を過剰に心配する親もそう。

過干渉は百害あって一利なしですよ。

 

心配心配って言われ続けて、あれダメこれダメと言われ続けて自信を持ち続けられる人はなかなかいませんよね。子供ならなおさら。

 

心配されるっていうことは、つまり信頼されていないということと同義ですよ。

 

人は他人に支配されたくないんです。

だから「心配」と言う人に対して無意識に身構えてしまうんですよ。

 

浮気が心配で束縛するのも同じ。

束縛される=信用されてない=どうせ俺なんて私なんて信用されてないんだから何したっていいでしょ。アナタ、俺(私)のこと信用してないじゃん。だから浮気するんだよ。というカラクリですからね。なので浮気防止に束縛は逆効果ですよ。

 

私はアナタのことを信用してませんよ、だから信じられませんよ、アナタがどんなに「大丈夫」と言ったって、だって私が不安なんだから!!ってことでしょ?

 

これってかなり相手に失礼なことよね。

相手、グレますよ。いやになりますよ。自分を信じてくれない人となんて一緒にいたくないですよ。

 

重い女にならないために必要なのは、やはり

  • 自分としっかり向き合うこと(何が心配なのか、何を恐れているのか)
  • 自分が不安で心配なのは自分の問題であり相手は全く関係ないと知ること
  • 相手を信じて放っておいてあげること
  • 頼まれたことだけ自分のできる範囲で手伝えば良いことを知ること
  • 聞かれたことだけ自分はこう思うとアドバイスすれば良いと知ること
  • 不必要に質問責めしないこと

 

相手を信じて放っておく能力って大事ということですね。

 

スキップするように軽やかで包み込むように大きな心を持った女性を目指したいものです。

 

今日もアートな1日をお過ごしください♪

 

バンミ子

 

自由になれないのではない、なりたくないのだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 

こんにちは、今日も外は雨降り、ヨーロッパのヒキコモーゼ哲学主婦で雨も滴るイイ女ドゥ・シャブリーゼのバンミ子です。

 

コーヒー飲みながらダイヤモンドオンラインの↓の記事を読んでますが、「だよね、だよね、そうだよねー」とバンミ子もこの記事にマルっと同意ですね〜。

バンミ子も孤独、というか一人でいることが好きです。ゾウさんも好きです♪え? 

diamond.jp

「孤独を愛さない者は、自由をも愛さない者というべきだ。というのは、人は独りでいる間だけが自由だからである」(アルトゥル・ショーペンハウアー『幸福について―人生論―』新潮文庫より引用) 

 

そうですねー。

何でも誰かと一緒じゃないと不安という人は自由が大嫌いなんじゃないかと思いますよね。言葉を変えると自分で決める勇気がない。自分で自分の人生に責任を取るなんて無理無理!と思ってる。自分弱いから誰か決めて〜という生き方の人は絶対に孤独なんて嫌!!と思ってるんじゃないでしょうか。

 

孤独が嫌=他人に合わせて生きてる=自由じゃない=不自由な生き方を選択している=いつも悩みを抱えてる

 

エンドレス。

 

そう、エンドレス。

 

いつまでも他人から環境から悩まされていると思い込み、苦しみから自分を解放させるどころか自分を檻の中に縛り付けていく。

エンドレス悩み地獄とはこのこと。

 

でもね、忘れてはいけません。

これも全て自分で選択していることです。

しかも目的を持って選択してますよ。

自分で考えてみましょうね。自分がどんな目的を持ってそれを選択しているのかを。

 

どんな生き方をするかは自分で選べるんです。

えー、だってー、と言われたってバンミ子は同じこと言いますよ。

自分で選べるんです。

次の瞬間に違う選択をして違う人生を歩むことだって出来るんです。

 

どうして嫌だ嫌だと悩むんでしょうね。

悩むことによって人生の課題から逃げる口実を作るのが目的なのかもしれません。

自分と本気で向き合いましょう。

自分を救うのは自分にしかできません

 

「みんなで助け合おう」「誰かに引っ張ってもらおう」という考えの中には、どこか甘えがある。
 誰かに依存しているかぎり、「本当の自由」は訪れないのではないでしょうか。

 

依存というのは、やっぱり課題の分離ができていないのが大きな原因じゃないかな〜と思うのですよ。他人と自分との境界性が曖昧というか、 一体化しているというか。

 

引きこもり問題もまさに依存(共依存)によるものですよね。

 

自分の部屋に引きこもって出てこないというのは、放っておいてくれ!っていうことだと思いますが、本当は違いますよね。引きこもってるのは、孤独になりたいからじゃない。だって、孤独を愛する人は他人の視線なんて怖くないですし、積極的に外に出ますからね。

 

逆です。逆なんですよ。

甘えたくて甘えたくて仕方がない状態なんです。

助けて!助けて!という状態なんです。

 

なんで?

 

外が怖いんです。他人の視線が怖いんです。傷つくのが怖いんです。笑われるのが怖いんです。失敗するのが怖いんです。完璧じゃない自分を晒すのが怖いんです。

僕は悪くないんです!

 

気づきましたか?

これ、全部自分が勝手に自分の頭の中で作り出した他人の視線なんですよ。

 

大丈夫、アナタは悪くない。

そう、アナタは悪くない。

 

悪いのは、そのです。

 

はっきり言います。

 

「意識しすぎ」という癖です。

もう一度言います。

 

「意識しすぎ」という癖です。

 

つまり自意識過剰です。これ思考の癖です。

癖だから時間はかかるかもしれないけど、直ります。

 

そもそも自分が他人をそんな風にジャッジしてるから自分も他人にそう思われているに違いないと思い込むということなんですよね。

 

だから解決方法は簡単なんです。

ジャッジするのをやめれば良いのです。

 

他人をジャッジするその癖を直せばいいのです。

他人をジャッジすることをやめれば、自分で自分をジャッジするのもやめるでしょう。

そうすると、他人の視線は気にならなくなるし、自分のすることも他人はだれも気にしてないと気づくでしょう。もう誰も自分を責めません。

 

そう、責めていたのは自分自身だった。

そこに気がつけば、自由になれます。

 

自分らしく自然に振る舞う人になれますよ。

そのままのアナタらしいアナタを人は歓迎するでしょう。

 

バンミ子は言いたいのですよ。

 

自分で立てるよ。

やってみなよ。

アナタは自分で立てるよ!さぁ!

バカ!クララのバカ!by.ハイジ

 

と。

 

この課題はだれの課題?

 

それを問い続けることが自由への第一歩になるかもしれません。

 

今日もアートな1日をお過ごしください♪

 

バンミ子

 

追わない執着しない。これが分かればもう悩まない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 

こんにちは、ヨーロッパの雨も滴るイイ女ドゥ・シャブリーゼのバンミ子です。

banmiko.hatenablog.com

 

アドラー心理学では「人の悩みは全てが人間関係によるもの」と言い切ってますが、バンミ子も膝を叩いて「その通り!」とマルッと同意しますね。

 

本当にそうですよね。

もし宇宙に地球に自分一人だけ存在していたとしたら、悩みなんてないですよね?

なにに悩むの?笑

 

自分と比べる対象があって、はじめて悩みが生まれます。

 

人間界で言えば(笑)、

 

あの子の方が可愛い、とか

あの子の家の方が裕福、とか

あの人の方が自分よりも学歴が高い、とか

あの人の方がお金持ち、とか

 

まぁ、比べたらキリがないくらい出てきますよね。

比べようと思えば何だって比べる対象になっちゃいますものね。

 

もうね、世の中がね、この人間界がね競争社会であり、ほぼ「比べる」ことで出来ちゃってるんですよね。これはもはや人間の性なのかもしれません。

 

だから比べるのを止めるなんて無理!

でしょうか?

 

まぁ、そうかもしれないですね。

無理かもしれません。テへ?

 

でもね、何でもかんでも他人と比べてると全然幸せになれないじゃないですか?

だって、上には上がいるんですよ?

登っても登っても更に上があるんですよ?

そして上に上がれば幸せかというと、そうでもなくて、今度は下がる恐怖との戦いが待っているわけです。こうなると安心なんて出来ませんから、周りは敵だらけのように感じるし、上がり続けなくちゃなくちゃ!という張り詰めた緊張感の中で生きていくことになります。

 

幸せとは程遠い生き方になってしまうかもしれません。

 

幸せになりたいだけなのに。

悩まずに明るく生きて生きたいだけなのに。

毎日心穏やかに過ごしたいだけなのに。

ね?

 

さぁ、ではどうしましょう。

 

ここでタイトルの

追わない執着しないの出番なわけですね。

 

人間関係で言えば、あっさりさっぱりした付き合いをしましょうということですね。

 

自分の神経を逆撫でするような心を刺激するような人物に出会ったときには、こう思えば良いのです。

 

この人は私の心の弱さを教えてくれるために私の世界に現れたのだ、と。

ありがとう、この人!

私は私のこの感情と向き合って私の弱さを受け入れます。

だから、もうこの人は必要ありません。

私はあなたもあなたの感情と向き合って向上していくことを信じています。

なので、私はあなたに干渉も否定もしません。それは私の課題ではありません。

さようなら、この人!

 

という感じで(笑)。

 

どうでしょうか?

 

とにかく、相手の感情は相手のものであり、相手の言動も相手の判断であり自分には関係のないことなのです

課題の分離ですね。

 

自分の課題は、モヤモヤしちゃった自分の感情をしっかり見つめて向き合うことだけです。

 

どうして心を乱されたかな?

あぁ、もしかしたらこういうところに自分は自信がないからかな?

という感じで。

 

そして、とにかく相手に執着しないことです。

相手をどうにかしようと思わないことです。

相手を信じて相手に任せるんです、相手の言動に関しては全て

 

嫌い嫌い!と思い続けている自分のその相手への執着がどこから来てるのか、しっかり自分と向き合いましょう。たいていの場合は、相手は関係ありません。

たまたまそこに自分の弱い心を刺激する人が現れた、それだけです。

 

そうやって1つ1つクリアしていくと、嫌いな人というのがこの世からいなくなります。いなくなるというのは、自分の世界には存在しなくなる、という意味です。

だって、その人に関して考えること自体がなくなりますから。

心からもその人がいなくなるということです。

 

追わない執着しない。

 

人に執着などせず、この限られた自分の人生を有意義に楽しく過ごしていきたいものですね。

 

今日もアートな1日をお過ごしください♪

 

バンミ子

 

banmiko.hatenablog.com

 

課題の分離を学びたいならアドラー心理学の本を読んでみるといいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

行動を阻止する一番の悪は、羞恥心と自意識過剰

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 

今のところ地球人だけど未来はどうなってるかわからないよね?

火星人として帰化するかもしれないし?

それもいいかもねー、火星人のパスポートかー!

 

と空を見上げながらニヤニヤ楽しい考えが止まらない、いっつもそんな感じで毎日過ごしております、ヨーロッパのヒキコモーゼにして哲学主婦のバンミ子です、こんにちはー!

 

今日も清々しい朝です。みなさん、いかがお過ごしですか?

今日もアートしてますかー!

(アントニオ猪木風w ってしつこいですねw)

 

バンミ子、特に意識して「哲学が好きです☆」と思ったことってないんですよね。

ただただ「あれ?これってどうゆうことだろ?知りたい!知りたい!」みたいな単純な興味に従ってたら、気がついたら本棚にたっぷりと哲学系・心理学系・宇宙系w・自己啓発系の本や雑誌(日本語、英語、ドイツ語ごっちゃ混ぜで)がズラッと並んでいたという。気がついたら軽く200冊は読んでたという、それだけです。

だからって今から哲学者になりたいの♪とかビジネスに繋げるぞ♪とか、一切興味ないです(笑)。

どうしてその本を読もうと思ったのかとか、いつ読んだとか、そういうのも全く途中の記憶なし(笑)。多分、3分でも空き時間があったら読んでいたんでしょうね。

 

昔から、興味を持ったらその瞬間からすぐに始めたくなるタイプなんですよね。

 

20代前半の頃、夜中に突然閃いてギターを弾いてみたい!と思い立って深夜2時、そう深夜2時ですよ!近所のドンキホーテ(笑)に買いに行ったり。

 

中学生のころも、もっといい写真撮りたい!と思い立って、自転車で10キロ位走って電気屋行ってカメラ買ってきたり。

 

19歳の頃、当時まだパスポートも持ってなかったのに(笑)、突然ニューヨーク!なんかニューヨークにピンと来るわ!と思い立って、すごい勢いでバイトしてお金ためて、3ヶ月後にはニューヨークに旅行行ってましたね。あれは楽しかった。

 

英語もドイツ語も計画的に勉強したわけじゃなくて、ただ何となく、そう何となく「知りたいことを知るために、いちいち通訳翻訳通すの面倒だなー。だったら自分で出来るようになったらいいだけじゃない?」というノリでバババー!っと短期詰め込みで半年ほどで一気にやりました。会話で相手と意思疎通が出来て、書くのだって若干間違ってても相手に伝わればそれでオッケー!程度、読みの方は読みたい本が読める程度に出来ればそれでヨシみたいな。そういう割り切りって大事ですよね。

 

間違えたら恥ずかしい」とか「完璧じゃないといけない」とか思わなければ、何だって挑戦できますし。

 

知への探求&行動を阻止する一番の悪は、羞恥心自意識過剰

これですね。

 

羞恥心も自意識も過剰すぎると邪魔にしかなりません

 

そもそも、誰も気にしちゃいないんですよね。

なにをしようが、間違えようが、さらには失敗しようが成功しようが全然気にしちゃいません。もしギャーギャー言う人がいるとしたら、その人はただギャーギャー言いたいだけの人なのだから、いちいち付き合ってないで完全スルーの完全無視でオッケーなわけ。スルー!

 

やりたいならやればいいのに。それだけです。

 

気にしているのは自分だけ

自分に制限かけてるのは自分だけ!

 

もし、やりたいけど、でも〜とかだってーとか、そういう言い訳が出て来るならば、ちょっと考え直した方がいいですね。

 

それって、本当にやりたい事なの?

それ嘘のやりたい事かもよ?

 

言い訳が出て来るときは、実は心の裏側に違う本当の目的が隠れています。

だって何々(お金ない、時間ない、ないない)だから〜、でも何々(お金ない、時間ない、ないない)だから〜、だから出来ないの〜

 

ヘーーー?

 

出来ないの?

 

違いますよ、出来ないんじゃなくて、やりたくないんですよ。

もう一回言いますよ。

 

出来ないんじゃない、やりたくないだけです。

 

今のままの状態をキープして何とかそれをしなくていい理由を見つけてるだけです。

本当はやりたくない。

だって、やろうとすれば努力が必要だと思っているから。思い込みですけど。

やる!と宣言しちゃうと出来なかった時に恥ずかしいしやり遂げる自信がないと思ってるから。これも思い込みですけど。

 

結局、やるvsやらないで考えて、やらない方がメリットがあると思っているからやらないんです。思い込みですけどー。

 

そして、でもでも言い訳言いながらも、なにもやってない自分でいるのも嫌だから「やりたいんだけどねー、でも出来ないんだよねー」って言っとこ。分かるでしょ?空気読んでね?テへ?って事ですね。わかります、わかります。

 

まぁ、いいんですよ。

やりたくないならやらなくたっていいじゃないですか。

だって、それって元々本当の願望じゃないんですから。

 

だから、ここでもやっぱり自分と向き合うという作業が必要なのですよね。

普段からちゃんと自分に向き合うということをしないでいると、自分が本当はなにを望んでてどんな生き方をしたいと思っているか、こういうの忘れちゃうんですよね。

 

それどころか自分は本当はなにが好きなんだったっけ??

ってことさえ忘れちゃう。

 

だから、世間体とか他人から見て、こういう人間だったら素敵☆って言われるだろうなっていうイメージを「自分のやりたいこと」と勘違いしちゃう。

高級ブランドの服やバッグを持って高い車に乗って高級住宅地に住むこと、とかね。

 

哲学とは知への態度のこと。

 

知への態度が自分らしく楽しく生きれるかの重要な鍵だと思うのです。

自分を知るというのも知への態度の1つ。

 

その人の生きる態度そのものがその人の哲学ということですね。

 

本当の自分が何を求めているか、しっかり自分自身に問いかけてみましょう。

 

今日もアートな1日をお過ごしください♪

 

バンミ子